At the age of 1, Ryo started becoming interested in drums, mostly influenced by his father. By the age of 3 he learned 8 beat, and his father would teach him as time progressed. At the age of 17, Ryo attended MI JAPAN music specialty college, there he learned a variety of playing styles. In year 2003 at the age of 23 he would start his own band called FUGER and debut. In 2004 FUGER would play WARPED TOUR Japan and many rock festivals. 2006 FUGER would go their Separate ways to reach higher levels solo.

 

Ryo started doing recording and studio work for various artists soon after the FUGER break up. He would also do tour support, and album sound produce. He has worked with and along side many Japanese and foreign artists.

 

From 2007-2009, Ryo went on 3 World tours with the solo artist Miyavi. The countries include The United States, Russia, Finland, Sweden, Germany, The Netherlands, Austria, Hungary, Italy, Great Britain, France, Spain, Brazil, Argentina, Chile, Mexico, China, South Korea and Taiwan.

 

He now resides in sunny California.

 

 

1979年12月13日、茨城県生まれ。

2003年、本格的にプロとしての活動を始める。

斬新な楽曲、プレイ等が評価され海外アーティストとの競演やロックフェスティバル等に多数出演し、日本武道館、横浜アリーナ、幕張メッセ等で演奏。

その後、スタジオワークやライブサポートミュージシャン、ドラムスクールインストラクター、 音楽プロデューサーとしても活動の枠を広げ、国内外問わず様々なアーティスト達と共演する。

2006年、初プロデュース作となる言語をテーマとしたアルバム『a piece of water』が世界21カ国で発売。

2007年、2008年、2009年とワールドツアーを経験し、アメリカ、ロシア、フィンランド、スウェーデン、ドイツ、オランダ、オーストリア、ハンガリー、イタリア、イギリス、フランス、スペイン、ブラジル、アルゼンチン、チリ、メキシコ、中国、韓国、台湾で演奏。

2010年、サマーソニックでの公演を最後に渡米。

現在はカリフォルニアを拠点に新たな音楽活動を展開中。